DAGUERREOTYPES  (ダゲール街の人々)  
1975年・フランス

2021年5月14日(金)  ザ・シネマ
監督  アニエス・ヴァルダ
主演  ダゲール街の人々

感想
事実をもとにした作品はいまひとつなのが多いと思っていますが
たった一つだけそう思わないジャンルがあり
それは「ドキュメンタリー」です、ずばり、そのもの。

アニエスさんはお得意ですし、
この映画も凄く良かったです。
半世紀近く前だし、子供以外もう全員死んでいるだろうし、
良い記憶、良い記録となりました。

そしてあのマジックショー、すごいなあ!
今どきの綺麗な奴と違う迫力、長時間、街の人巻き込んで、

そのマジックショーと、日々の記録をリンク
させてあるところがめっちゃ上手で
この監督ならではと、脱帽です!



この映画の結末

これからもこの街でこの人たちは生きてゆく。



.