NAGHO LIBRE  (ナチョ・リブレ 覆面の神様) 
2006年・アメリカ

2021年5月13日(木)  ザ・シネマ
監督  ジャレッド・ヘス
主演  ジャック・ブラック

感想
ジャック・ブラックなので録画したけど、
「バス男」の監督だそうで、あるあるって感じでした!
もう遠い昔だけど、好きだったなあ!

汚いところやおかしいところ、腑に落ちないところ、
いろいろと欠点が多いのですが
それでもまあいいやと思えるのは、
この監督そういう感じだからかな?
得ですね(笑)。

女性宣教師さんがお綺麗で、
この先のことは分からないけど、
自分も孤児で、孤児を育てる修道院で、
とてもどろどろしても良いところ、そうならなかったのね・・・。

「ヤセ」さんも良かったよ!
プロレスって今は嫌いけど、小学生の頃は
ジャイアント馬場が大好きだったなあ♪

なんというか・・・大げさに言わなくても
大切なことは心から溢れ出る「想い」のように思いました。

読み返したら「バス男」の感想にも
同じようなことを書いていました(笑)。



この監督の今までの鑑賞済み作品はこちらです。

バス男(04・米) ・・・ 2-1004
バス男(04・米)(2回目) ・・・ 2-1004





この映画の結末

チャンピオンに勝った。
バスで皆で遠足に。
シスターもヤセも一緒だ。



.