GHOST IN THE SEHLL
(ゴースト・イン・ザ・シェル)  2017年・アメリカ

2021年5月11日(火)  ザ・シネマ
監督  ルパート・サンダース
主演  スカーレット・ヨハンソン

感想
面白かったです。
どういう作品か分からないまま見て
(ホラーだと困るので、概要は読みました)
素直に面白かったです。

ヨハンソンちゃんは相変わらずキレイ☆
たけしは、日本語で楽しやがって、良い役柄で笑えるし、
かおりはさすがねえ・・・久しぶりに見たけど、綺麗だし、上手だし。
他の皆さんもお上手でした。

ジュリエット・ビノシュさんね、素敵でした。
しかし、魂をゴーストと連呼されると、ちと辛い。

あとね、ちょっと舞台がねえ・・・
「ブレードランナー」の真似っぽく思ったり、
香港風なのに広告やら日本語だし?
何か変な感じでした。

ま、あまり詳しく考えずに、さっと楽しんで終わります!





この映画の結末

もと9課課長が指揮を執る組織で
少佐は生き続ける。
家には母もいる。
脳魂は素子、そして身体は作られたもの。
正義のために今日も明日も闘う。



.