メトロポリス  2001年・日本

2021年2月15日(月)  BS民放  今年のアニメ4
監督  りんたろう
声の主演  小林桂 / 井元由香

感想
う~ん、いまいち。

別に古臭く感じないし、
既視感でどうこうもないけど、
手塚治虫初期作品とのことで期待値が高かったのかな?

アニメの命である絵はまあまあ、脚本も大友さんでまあまあ、
だからといって胸を打つとかもないし、

もうひとつのアトム物語、っていうのは
ちょっと違うような・・・?

キャラクターは、アニメや手塚作品で見たあれこれに似ていて
悪くはないんだけどね・・・。

ティマへの視線が、やっぱり気持ち悪いんだろうなと思います。



関連記事

メトロポリス (1926年・ドイツ・サイレント版) → こちら





この映画の結末

メトロポリスの主要部は壊滅したが、
下町の貧乏人やロボットたちは元気に生きる。
けんいちは、日本に帰らずにこの街にもう少しいるよと
おじさんにさよならする。

エンドロールの最後は、
けんいち&テイマという名の店の看板を見せて、
貧乏人たちやロボットたちと写した写真になっている。