先月のフランス映画強化月間から引きづついて
今月はヨーロッパ映画強化月間をセルフ企画しました。

多くの監督作品を少しずつ再見できて良い機会になりました。
取りこぼしもいたかもしれないけど、仕方ないです(笑)。

(そういえばこのひと月に
 1945年5月8日が出てきたのが何本もありました)

最後に、大好きなエットーレ・スコラ監督の、
「ル・バル」を見て終わりたいと思います。

その映画の記事は初見時しかないけど
一時期毎晩見たというか、見ながら寝た時期があったという
想い出の深い作品です。

そして約2ヶ月間ほったらかしにしていた
邦画やアメリカ映画のオンエアが溜まりに溜まっているので

8月は普通にいろいろな国の作品を、
いつも通りにランダムに見たいと思います。